親戚「何が欲しい?」 自分「…この本」 → 親戚が亡くなり、遺言に「君に屋敷と本を残す」

sk2ch
何を書いても構いませんので
18 : 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)01:38:40 ID:po9
私の実父は昔碌でもないことを仕出かし、母は私を連れて離婚
しかし母方の親戚は世間体をものすごく重視するので、母と私は親族から絶縁された

母の親族は皆子どもたちを迷わず私立の学校に入れるくらいには裕福らしく、私の従兄弟たちは皆、お嬢様やお坊っちゃんばかり
生活保護ギリギリの私はかなりバカにされながら育った

15歳の高校一年生の冬、母が倒れて入院することになった
貧しい私達が住む団地は訳有の人がそれなりにいて、全12世帯が入ってるんだけど、知的障害者の人たちがやけに多かった

そのうち知的障害の子供三人抱えた老夫婦のところの長男(40過ぎ)がかなり色キチ
私は1人で大丈夫だと言いはったんだけど、母の従兄弟だったか、独身男性の家に預けられることとなった

母の親戚だけあって、その男性の家は屋敷と言えるほどの大きさだった
男性は母より10歳は上で、寡黙で、私も元々寡黙だったから会話はほぼ無し、挨拶だけの毎日
私が食事の度に手を合わせていただきます、ごちそうさま、と言うと、無言で頷いていたのをよく覚えている
通いの家政婦さんとの方が100倍くらい話してたと思う

私は朝6時に家を出て、帰るのが20時過ぎ、寝るのが23時、土曜日も学校があったので、預け先でゆっくりできたのは日曜日だけ
それでも日曜日は宿題やテスト勉強に忙しく、与えられた部屋にこもっているか、気分転換にテラスで延々と英語のCDを聞いて発音や構文を詰め込んでた
18 : 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)01:38:40 ID:po9
母は2週間ちょっとで退院できることとなった
退院の日が近づいた時、男性が変なことを聞いてきた
「この家の中にあるもので何でも一つ与えると言ったら何が欲しい」
なんかそんなことを言われた

断ろうと思ったけど、何か断り難い、硬い空気で、わたしはおずおずと、辞書を探すために入った書庫で見つけた一冊の絵本をあげた
海外の絵本で何が書いてあるのかわからなかったけど、絵が綺麗で一目惚れしたものだった
油絵で描かれていて、夜景が描かれた絵の青と紺の色合いが鮮やかで、絵本のあるところだけ違う世界が広がっているようだった

そんなことを辿々しく説明していると、男性がその本を私に差し出した
だけど私の家は本当にボロくて、そんなきれいな絵本を持って帰っても、傷めてしまうと思った
それに書庫の雰囲気はその絵本の魅力を引き立たせていると感じた
だからそれも伝えて辞退した

その時男性と色々と話したんだけど、私は本が好きだけど、本は高いから買えないこと
小・中と学校に図書室がなく、図書館も遠くて、2週間に1回くる移動図書が楽しみだったこと
高校には図書室があるけど、勉強が忙しくてあまり読めないこと
アルバイトで好きな作家の本を買ったけど、家に本の置き場所が無いこと
いつか父の作った借金を返し終え、引っ越すことができたなら、小さな書庫を持って、そこに好きな本を少しずつ貯めていきたいことを話した
それが私の目下の生きる意味で目的だとも
日記を見返すまで忘れてたほどの遠い記憶

そんな会話をしてから15年、男性が遺書で私にあの屋敷と本を残すとの遺言を残して逝ってしまわれた
母方の親族とは一切交流がなかったが、やいのやいのと騒いでくる
だけど現実味がなくて、なんだか夢を見てるみたいで、今でもフワフワしてる

屋敷を見に行ったけど、中はもう殆ど空っぽで、書庫だけが当時のままだった
男性は私が好きだと言った絵本のページを開いて書庫の机に置いて眺めていたらしく、ライトのせいか、そのページだけ、記憶より少し色あせていた

男性が逝ってしまわれたことも全然実感がわかないけど、あの書庫と屋敷があなたのものだと言われたのはもっと現実味がない
ひとまず専門家を挟まないと何がなんだかわからないので、今はあえて考えないようにしている

たった2週間と少しお世話になった男性が、なぜ私に残そうと思ったのか
可能ならば男性にもう一度会ってじっくり話したかった
19 : 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)02:10:35 ID:5Df
>>18の素直で正直な健気な姿が変な意味ではくて愛おしく見えたんじゃないの
金や家が欲しいじゃなくて本を本当に好いて語る姿を思い出してがめつい輩に好き勝手されるくらいなら、あの子にあげて夢を叶えてあげよう。みたいな
22 : 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)08:16:03 ID:rig
>>19に同意
活きた資産の使い方をしてくれそうな人にこそ残したい、と思うもの
ただ他の親族がキチ化したら怖いから、その話を持ってきてくれた人に相談してみるといいかも
sk2ch: 突然ですがおすすめの記事を紹介します

みんなの反応

1:すかっと名無しさん 2018-12-17 12:44:36 ID:MzU5NzQ4M
会話が無くても楽しかったんじゃないかな?
それで自分に子供がいたらと考えて、遺したんだろ
2:すかっと名無しさん 2018-12-17 12:52:41 ID:NDM4NTY0O
自分の大切な趣味の収集物を同好の士に引き継いでもらうのは
収集家の(オタの)究極の夢。
ましてやそれが血縁の者であるとしたら、
その男性もさぞ安らかに天に召されたことでしょう。
3:すかっと名無しさん 2018-12-17 13:35:20 ID:MzQxMzI0M
まわりの親戚がおとなしくなってるといいな
4:すかっと名無しさん 2018-12-17 13:47:41 ID:NjI0NTYwN
本好きなら判ると思う。
蔵書っていうのは自分の子供と同じだから、売ったり粗末な扱いをする人に渡したくない。
報告者ならきっと大事にしてくるだろうって考えたんだろう。
家は蔵書のためのもの。
5:すかっと名無しさん 2018-12-17 14:02:15 ID:NjAwNTMyO
自分の周りにいないタイプだったあなたがとても新鮮で愛おしかったんでしょう。
最も有効で有用な遺し方を探したとき、出てくるのがあなただと言うくらいには。
6:すかっと名無しさん 2018-12-17 14:34:45 ID:MTcxNTM5N
その人は本好きだから、同じく本好きなこの人に本、そして本を置くための屋敷を受け継いで欲しかったんだと思う。
7:すかっと名無しさん 2018-12-17 15:21:35 ID:NjM4NTEwN
その男性は、報告者とのわずかな会話でも、
やさしい繋がりを感じたんだろうな
何もかも含めて、映画になりそうないいお話だ
8:すかっと名無しさん 2018-12-17 15:32:09 ID:MzA0MjYzO
やいのやいの親族どもを黙らせて、この人が相続できてますように(祈)
9:すかっと名無しさん 2018-12-17 15:37:42 ID:MTc2Mjg1N
書庫を持つほどの人が、書物への熱情を聞いて心が動かされたというのは想像するに容易い
家族がいなかった男性にとって、本は家族とも自身の一部とも言える存在であったろうし、それを託すべきは誰かと考えた時に、同好の士を選んだのも不思議ではない
彼女に絵本を遺贈するだけでなく屋敷も遺したのは、絵本がその屋敷の書庫に相応しいとした言葉に、彼も深く頷いたからだろう
10:すかっと名無しさん 2018-12-17 16:03:52 ID:NTgwMjYwO
自分が大切にしているものを、
同じように大切にしてくれそうな人に残したい気持ちはよく分かる。
自分も手放せない本がたくさんあるけど
甥姪には読書の習慣がないから、
タヒぬ前にどこかへ寄贈するしかないかなと思ってる。
11:すかっと名無しさん 2018-12-17 16:29:32 ID:MzY5ODM4M
お金持ちはお金持ちの苦労があるみたいだしね
無垢な願いが眩しかったんだろう
12:すかっと名無しさん 2018-12-17 23:50:58 ID:NjI1ODQ3M
しずかに心が濡れるおはなし
13:すかっと名無しさん 2018-12-18 04:19:54 ID:NDY0NjI4M
その男性は孤独だったのかな…
14:すかっと名無しさん 2018-12-18 18:54:39 ID:MzIyMzEyN
なんでも一つ。ってのはテストで、もし「家」とか高価なものだったらこうはならなかっただろうな。
15:すかっと名無しさん 2018-12-18 19:45:15 ID:MzM5ODM0M
うちの爺さん(血縁関係無し)がそうだった
一従業員の俺の親父に工場を譲ってくれた
税関系もクリヤーしてね、遺言は13回忌まで付き合ってくれって
爺さん、身寄りがなかったしね、他人だけど祖父だよ
16:すかっと名無しさん 2018-12-18 20:09:29 ID:NjYyNTcxM
投資目的や転売目的の人に暗い倉庫で眠むらされるよりも好きな人の所で愛でられるのが1番。それは骨董でも絵画でも本でも一緒。

書庫を好きな本で埋め尽くして絵本のような彩りある人生を生きなさいってメッセージなんじゃないかな。
17:すかっと名無しさん 2018-12-21 11:18:53 ID:MzkxOTYxN
その絵本が自分も大好きだったんだろうなあ
18:すかっと名無しさん 2018-12-23 16:54:55 ID:NzA0ODI5M
俺もこういう死に方をしたいんで、清楚で寡黙な少女を派遣してくれませんかね
19:すかっと名無しさん 2019-01-12 11:35:02 ID:MTIxOTI5N
やはり継いでくれる人があれば残したいと思う。
本とか絵画とか、価値がわかっていて大事にしたい人がいたらそれを継いでほしいと思うけど実際は遺産対象になるんだよね。
短時間だけど報告者その人の本質が理解されて残したんだろうね。離婚したことを問題視する親族なら簡単に売り払うような冷たい人間達だと想像できるからね。
20:すかっと名無しさん 2019-01-29 07:39:55 ID:NTQ0NjE1N
流し読みしたせいで預けられた先の独身男性が色キチ?ん?と思って混乱した
ちゃんと読まないとダメだね(..)
コメントの反映に時間がかかる場合があります。

カテゴリー: 

ランダム記事PickUp!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

週間ランキング